トトロとベンチベンチと山姥カレー

先日、ときがわのトトロに会いに行って来ました。

矢車草の花畑を抜けたら杉の葉っぱのトトロに「こんにちは。」

トトロの前には龍みたいな不思議な丸太が横たわっていて、思わずだっこ!

ベンチ・ベンチというお名前。

ピアニストの浅見明子さんと、彫刻家で「山桜」の歌の作者でもある高橋れい子さんと。

ベンチ・ベンチはれい子さんの手彫りで見事に龍の鱗のよう。龍の背に乗って空に飛んでいけそうなロケーションに、思わず中島みゆきさんの「銀の龍の背に乗って~🎵」歌わずにはいられない。

トトロと龍のいる精霊の棲みかは、自然豊かなときがわの名所の1つになっていくんだろうなと思っています。

実は私も木づちとノミで初めて🔰ベンチベンチの原型を彫ってみたが、一緒に行った同じく超初心者の7才の

娘の方がセンスがあるような気が!

 

何事もコツが掴めるまでやれば、それなりにできる日が来るのかもしれません。。

 



次来るときは、浅見さんがケンハモ(鍵盤ハーモニカ)を奏で、トトロの前でトトロを歌うことを約束して、山姥の待つお寺へ車を走らせた。 

 

全長寺というお寺に着くと珍しい桜が満開で、山姥はご自分で仕立てたお着物で迎えてくれました。

お寺で食べた山姥ベジカレーは絶品で、お腹いっぱい食べたのにお腹も心もスッキリ軽やか。丁寧に楽しんで作られたものを食べたり手にする心地よさを再確認することができました。

そして、山のお寺の空気は澄んでいる。

帰りはシャガが群生しているのを発見!春の山は楽しい。

 

山姥こと森田恵子さんは、ベンチ・ベンチの発案者だそうです。

 

コロナで自粛を呼びかけられている今、自然の中に佇む精霊達と山姥に会いにいってみてね。

ちなみに、山姥カレーは予約制ですよ~。

 



(浅見明子さん撮影の写真をお借りしました。)